「こころ」のための専門メディア 金子書房

「こころの健康」のための情報発信や、心理検査を開発・販売しています。 そのほか、中の人が色々書いたりします😊

発達障害臨床のアセスメントに投映法を活用するために【前編】投映法を正しく理解する(明翫光宜:中京大学心理学部 教授)#金…

 今回、発達障害臨床中で投映法によるアセスメントが提供する情報を私たちがどう活用していけばよいかについて解説することになりました。投映法は専門家間でも、誤解を受…

僕が考える「むしろ別れた方がよいこと」(今一生:フリーライター・編集者)#出会いと別れの心理学

 別れはつらいことが多いですが、新たな出発になると考えることもできます。過去を断ち切ることで、人生に新しい風を呼び込む体験をされたことはないでしょうか。  フリ…

旅における出会いと別れーC・W・ニコルさんとの出会いと別れー(賀曽利隆:冒険家)#出会いと別れの心理学

旅は出会いと別れが凝縮されています。1960年代に20代でバイクでアフリカ大陸を一周されて以来、70代の今に至るまで世界を旅し続ける冒険家、賀曽利先生に、ご自身の旅の中…

子どもに安心を与える言葉とかかわる姿勢(井戸ゆかり:東京都市大学人間科学部教授)#私が安心した言葉

子どもが安心できる大人の言葉かけにはどのようなものがあるでしょうか。逆に子どもの安心を奪ってしまう言葉かけにはどのようなものがあるでしょうか。発達臨床心理学がご…

命を慈しみ 心に寄り添う ということ(後藤智子:梅花女子大学教授)#私が安心した言葉

いじめられている人にかけられる言葉は、安心できるものとは正反対のものだと思われます。そんな言葉や冷たい態度を取られ続けた人はいつもどこか安心できず、つらさを感じ…

「言葉の力」は、「生きる力」~言葉を学ぶことで身に着くことは何か~(二瓶弘行:桃山学院教育大学教授)#私が安心した言葉

言葉を学んでいくことで、人が身につけられるのは、どのようなことでしょうか。それは人生で、どのような力を発揮するのでしょうか。子どもたちに言葉の力を育てる教育に、…