【特集】つながれない社会のなかで、”こころ”のつながりを

41
固定された記事

【緊急特集】「心の苦しさ」を抱える人が多い今。専門知をnoteで届けたい。#つながれない社会の中でこころのつながりを

2020年4月7日、covid-19感染拡大の防止に伴い、緊急事態宣言が発令されました。

不要不急の外出制限を要請されている今、多くの人が心に苦しみを抱えていると推察される報道が続いています。

また、授業のオンライン化も言われて久しいものの、多くの親子が悲鳴をあげているようです。

上記は一例にすぎず、虐待や、DV、離婚、自殺、様々な報道が飛び交っています。

----------------

もっとみる
応援ありがとうございます。ぜひフォローもお待ちしています。
93

精神科へのかかりかた ー#不登校 、#発達障害 疑い、#身体症状 …子どものことが気になる親へ (尾形広行 臨床心理士/井原裕 精神科医)

問診票から考えること

 わたしたちの外来にはどんな子どもたちがやってくるのでしょうか?わたしたちのように医療機関で子どもの治療を引き受ける立場からすれば、子どもとの最初の出会いは、問診票から始まります。

 当科の初診は予約制になっていて、当日の受付後に問診票を書くことになっています。まずはこの問診票からわたしたちが何を知り、どのように治療につなげるのかをお伝えしたいと思います。医療機関によって

もっとみる
応援ありがとうございます。ぜひフォローもお待ちしています。
26

悪夢はコロナ・パンデミックにより引き起こされたのか?(福田一彦:江戸川大学睡眠研究所所長)#つながれない社会のなかでこころのつながりを

コロナ自粛の最中に悪い夢を見た――。
そんな人も少なくないのではないでしょうか。あなたが見た悪夢は、果たしてコロナ禍にある不安によって引き起こされたものなのでしょうか?「夢」という不思議なメカニズムとその正体について、睡眠研究で著名な福田一彦先生にお伺いしました。

新型コロナ感染症の影響への不安

 私は睡眠を研究している心理学者で大学の教員をしております。現在、新型コロナウィルス感染症の世界的

もっとみる
応援ありがとうございます。ぜひフォローもお待ちしています。
14

つながれない社会のこれから(森 真一:追手門学院大学社会学部教授)

流行観測・知の在り方・多様性などをキーワードに研究をされている社会学の森真一先生にご寄稿いただきました。人とのつながりについて、先生が提示された今だからこそ考えてほしい新たな視点を、みなさんはどのように感じますか?

同一メンバーが同一時間に同一の場所に集まる意義とは

 新型コロナウィルス感染拡大のなか、人とできるだけ会わないことが推奨されるようになった今の社会、どのような影響があるか、どのよう

もっとみる
応援ありがとうございます。ぜひフォローもお待ちしています。
37