【特集】つながれない社会のなかで、”こころ”のつながりを

41
固定された記事

【緊急特集】「心の苦しさ」を抱える人が多い今。専門知をnoteで届けたい。#つながれない社会の中でこころのつながりを

2020年4月7日、covid-19感染拡大の防止に伴い、緊急事態宣言が発令されました。

不要不急の外出制限を要請されている今、多くの人が心に苦しみを抱えていると推察される報道が続いています。

また、授業のオンライン化も言われて久しいものの、多くの親子が悲鳴をあげているようです。

上記は一例にすぎず、虐待や、DV、離婚、自殺、様々な報道が飛び交っています。

----------------

もっとみる
応援ありがとうございます。ぜひフォローもお待ちしています。
92

コロナ騒ぎの中での親子関係(汐見稔幸:東京大学名誉教授/白梅学園大学名誉学長)#つながれない社会のなかでこころのつながりを

外出の自粛が推奨され、これだけ長く一緒に過ごしたことはないという日々を送られている親子がほとんどだと思います。
今までにない親子の関係と状況について、子育てと教育にいつもやさしく深いまなざしを注がれている汐見稔幸先生にお考えいただきました。

「人間」という言葉の意味

 人間という言葉は、中国語と日本語で語義(意味)がやや異なります。中国語では「ひとのあいだ」という文字通りの語義の言葉で、人と人

もっとみる
応援ありがとうございます。ぜひフォローもお待ちしています。
15

コロナ離婚を防ぎ、「コロナ再婚」を促すカップルカウンセリング (長谷川 啓三 東北大学名誉教授/日本家族カウセリング協会理事長)#つながれない社会のなかでこころのつながりを

はじめに

 「コロナ再婚」について述べさせていただく。これは、よく見られるが、災害渦中でも、プラスの事が起き、関係性の深化を私たちは促進することも出来るということを報告したいからである。これは、字義通りの「再婚」というよりは、コロナ禍で「これまでの関係性を見直し、再び愛し合う関係を築く」ことを概念として打ち出しつつ、その支援をしたいと考えたからである。

 金子書房。筆者が、まだ若手と呼ばれた時

もっとみる
応援ありがとうございます。ぜひフォローもお待ちしています。
17

共有体験にあふれた「古くて新しい生活様式」を!(近藤 卓 日本ウェルネススポーツ大学教授)

いのちの教育、自尊感情、PTG(ポスト・トラウマティック・グロウス)など、生きる上で大切なこころの在り様について探求して来た近藤 卓先生。
近藤先生が語る、今、心がけたい人と人との間の共有体験について、あなたはどう考えますか。

広がっていく「果てしない網の目」

 現代社会では、とにかく人とつながること、交流することが重要視されています。SNSは、そのための道具として急速に発展し、人々の間に浸透

もっとみる
応援ありがとうございます。ぜひフォローもお待ちしています。
20