一期一会の光(神野紗希:俳人)#出会いと別れの心理学
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

一期一会の光(神野紗希:俳人)#出会いと別れの心理学

五七五で、様々な時代の様々な人々の、多彩な心模様をくみ取ってきた俳句の世界。俳人の神野先生に出会いと別れの俳句をテーマに、この状況下で思うことをお書きいただきました。

「であわなければ、よかったのに!」

 保育園まで、大人の足で歩けば10分ほどで着くはずなのですが、5歳の息子と一緒だと、30分以上かかります。やれ蟻がいた、やれたんぽぽが咲いていると、5mごとに興味をひくものがひしめき、なかなか歩が進みません。時計を見てはらはらしている母をよそに、息子はうれしそうにたんぽぽの綿毛を吹いています。
 よく考えてみれば、大人にとっては見慣れた蟻やたんぽぽでも、まだ幼い子どもにとっては、はじめて出会う世界のかけらです。きっと、ものみなすべて、きらきらと輝いて見えるのでしょう。せかしたくなる気持ちを抑えて、息子と視線の高さを合わせ、青空へ飛んでゆく綿毛を一緒に見送ります。通園の道のりは、季節との一期一会が待つ、毎日の短い旅なのです。

 ある日、石段を下った松の木の根方で、てんとうむしを見つけました。指に載せると、つつつつ、と登ってゆきます。「てんとうっていうのはね、太陽のことなんだよ。ほら、指の向きを変えても、太陽を目指して歩くでしょう?」てんとうむしの習性をはじめて知った息子は、目を輝かせて見つめています。
 「ねえ、ぼくにも、やらせて!」
 母の指から移されたてんとうむしは、小さな指を登ってゆき、てっぺんまでくると、太陽へ向かってパッと飛び立ちました。
 「ほら、てんとうむしさん、ばいばーい」
 手を振って見せると、息子はなんだか不満そう。
 「てんとうむしさん、またあえる?」
 「うーん、そうだね。また出会えるかもしれないけど、もうこれで最後かもしれない。だから、ちゃんとばいばいしよう。」
 会えるよ、となだめるのは簡単ですが、真実を歪めて隠してしまうのも不誠実に思われて、正直に伝えました。すると彼は、てんとうむしの消えていった空を睨んで、泣きそうな顔でこう言いました。
 「ばいばい、いやだ! もう、であわなければ、よかったのに!」

神野先生 挿入写真 テントウムシ最終

今日、たまたま、蛙や鮒と出会ったこと

 出会わなければ、良かったのに。
 悲しいとき、人はつい、時を遡ってその悲しみの原因を探ろうとします。でも、出会わなければ、本当に良かったのでしょうか。別れてしまえば、すべてなかったことになるのでしょうか。
 俳人としての私の答えは「いいえ」です。これまでに生み出されてきた、数知れない俳句たちは、一期一会の出会いの意味を、たった17音の中に繰り返し詠み継いできました。

古池や蛙飛びこむ水の音  松尾芭蕉

 おそらく世界で一番有名な芭蕉のこの句も、古池と蛙の一期一会の出会いが刻まれています。永遠とも思われる古池の静寂を、春に生まれた蛙が飛び込んで、ほんの一瞬、あざやかに崩しました。そのぽちゃんと聞こえた水のひびきを、芭蕉は俳人の耳で聞きとめたのです。後にはただ、古池の景色が残っているだけ。でも、蛙と出会ったあとの私たちにとって、その古池は、出会う前の枯淡の世界ではなく、命の揺籃としての輝きを秘めた存在に変わるのです。

露草や野川の鮒のさゝ濁り  正岡子規

 秋のはじめ、紫色の露草が咲く野川のほとりを歩いています。流れを覗きこめば、驚いた鮒がさっと鰭を動かし、川底の砂をまきあげ、透明だった水がふっと濁りました。そのかすかな変化を、子規は俳人の目で見つけ、書きとめました。ここにも、露草と鮒の出会い、子規と風景の出会いが刻まれています。
 明治28年、不治の病・結核を患う子規は、日清戦争の取材へ出かけ、帰路に大喀血、生死の境をさまよいました。一命をとりとめて故郷の愛媛・松山に帰省した折、なじみの道後を散策して詠んだ一句です。

 あの戦争へ行かなかったら、あるいは子規はもう少し生きられたのでは、といわれています。しかし、子規は行きました。そして、死の淵から帰還したのち、「写生」という理念を掲げ、ありのままの風景を俳句に写し取る方法論を展開しました。もう二度と帰れないかもしれなかったからこそ、故郷のなんでもない野川の風景も、きらきらと命の輝きを見せたことでしょう。蓄積されてきた知識以上に、眼前の今との一期一会の出会いを大切にする「写生」は、今も広く、俳句を作る方法として親しまれています。
 今日、たまたま、蛙や鮒と出会ったこと。きっと、日常を営んでいれば、早晩忘れてしまう些細なことです。俳人は、そんな小さな出会いを、17音の小さな器に書きとめ続けてきました。常に変わらないように見える古池や野川にも、実は折々に命が行き交い、出会いと別れのドラマが生まれています。その変化を写し取った俳句たちは、この世界が実は、小さくも眩しい一期一会の光に満ちているのだと、静かに教えてくれます。

神野先生 挿入写真 水面のきらめき

秋二つ 出会いと別れの記憶を抱いて

行く我にとゞまる汝に秋二つ  子規

 先述した明治28年の松山への帰省の折、子規は夏目漱石の下宿に転がりこみます。大学時代からの親友だった漱石は、たまたま子規の故郷・松山に英語教師として赴任していたのでした。この句は、52日間の同居生活を終え、子規が東京の自宅へ戻るときに、漱石へ宛てた句です。
 これまではともにひとつの秋を過ごしてきたけれど、今、東京へ行く私(子規)に、松山にとどまる君(漱石)に、秋はひとつずつ、「秋二つ」になる。それぞれの道は分かれてゆくのだなあ……。もし、子規と漱石がこの秋、一緒の時間を過ごさなかったら。そもそも「秋一つ」という出会いがなければ、「秋二つ」の別れの感慨も生まれませんでした。
 切ない別れには必ず、鮮烈な出会いが内包されています。その記憶を抱いて生きてゆくことが、私たち人間には許されています。

さまざまの事おもひ出す桜哉  芭蕉

 芭蕉45歳、故郷の伊賀上野を訪れ、かつて仕えた藤堂家の庭で詠んだ俳句です。慕っていた当主の蟬吟は、若くして亡くなりました。今、その忘れ形見である探丸から、20年ぶりの花見の誘い。懐かしい桜を前に、あふれる思いを書きとめました。あえて「さまざまの事」と総括することで、芭蕉一人の体験が透明に普遍化され、万人が自身の思いを重ねることのできる一句となりました。

 出会わなければ、別れもありません。でも、出会わなければ、思い出す記憶もなかったでしょう。出会い、別れたのちも、私たちの心には、触れ合ったなごり、あたたかな記憶が残ります。子どもはたくましいもので、てんとうむしにべそをかいていた息子も、夕刻にはまた、道ばたのみみずに夢中です。彼も、たんぽぽやてんとうむしとの別れを通して、いつか来る、もっと大きな別れの準備をしているのかもしれません。

 コロナ禍、新たな出会いの生まれにくい今ですが、足元に、空に、目を向けてみましょう。そこにはすみれが咲き、つばめが飛んでいるはずです。さまざまな出会いと別れの記憶を抱く私たち。さあ、今日も、いつか懐かしい時間に変わる、新しい一日がやってきます。

神野先生 挿入写真 朝

執筆者プロフィール

神野先生 ご本人お写真

神野紗希(こうの・さき)
俳人。現代俳句協会副幹事長。聖心女子大学・立教大学講師。句集に『星の地図』(マルコボ.com)『すみれそよぐ』(朔出版)、著書に『日めくり子規・漱石』(愛媛新聞社)『女の俳句』(ふらんす堂)『もう泣かない電気毛布は裏切らない』(日本経済新聞出版社)ほか。この春、ジュニア向け書籍『俳句部、はじめました』(岩波書店)を刊行。




応援ありがとうございます。ぜひフォローもお待ちしています。
「こころの健康」のための情報発信や、心理検査を開発・販売しています。 そのほか、中の人が色々書いたりします😊