見出し画像

【こころ・ラボ】開催レポート vol.2!#こころラボ#心理にかかわるひとのオープンでゆるやかなつながりを

「こころ・ラボ」第3回を開催しました!

画像1

心理に関わるひとの、オープンでゆるやかなつながりを。

cotreeさんとの共同開催で第1回が大盛況だった「こころ・ラボ」。
2020年1月10日に第3回を開催しました。
今回はそのレポート記事です!

第1回と第2回のレポートは以下からどうぞ!
そもそも「こころ・ラボ」って…?という方にも説明していますので、ぜひご覧ください。

今回はいつもと違ったこころ・ラボ

話は遡りますが、第1回を終え第2回の開催を検討していたときのことです。
第1回の開催ではチケットも早々に売り切れ、多くの方にご参加いただき、とても盛り上がりました。
そのためスタッフはこのように考えました。

第2回は12月だし、忘年会にしてもっと多くの方が参加できるよう飲食店で開催してはどうだろうか?

そうは考えても、実際にご参加いただける方々のご意見が一番大切です。
そこで私たちはこんなアンケートを実施しました。

シェアスペース利用 or 都内飲食店利用
どちらがいいでしょうか?

その結果がコチラです!
(ご回答いただいた皆さま、ありがとうございました)

100以上のご回答をいただき、その関心の高さに驚きました。
その結果はシェアスペース活用を希望する方が6割でした。

この結果を真摯に受け止めて、第2回はcotreeさんのオフィスを再びお借りして開催することにしました。

とはいえ、4割もの方が大忘年会に票を投じてくださっていました。
その結果を全く無視することもできず…。
そのためスタッフはこのように考えました。

ならば、両方やっちゃおう!
「こころ・ラボ」新年会を飲食店で開催しよう!

このような経緯で、第3回の「こころ・ラボ」は飲食店で新年会を開催することとなったのです。

いざ募集!

第1回に続き第2回も盛況でした。
そして4割の方が飲食店を希望していらっしゃいました。
スタッフはもしものときに備えて、100人以上が収容できる大きな飲食店もリサーチ済みでした。

初めて飲食店での開催にドキドキしながら募集を開始しました。
その結果、スタッフはこのように感じました。

おや、お申し込みのペースがこれまでより緩やかだ…

正直心配にはなりましたが、最終的には約30名の方がお申し込みをしてくださいました!

そして当日…

飲食店での開催は初めてということで、皆さんに楽しんでいただけるだろうか、有意義な時間だったと思っていただけるだろうか、実はそんな心配もしていました。

そんな心配とは裏腹に、実際には時間と経過とともに皆さんでそれぞれ輪が作られ、あちらこちらのテーブルで盛り上がりました。
(もちろん今回も質問タイムやPRタイムも設けましたよ!)

ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました!

画像2

画像3

開催後にいただいた感想などなど

こんなツイートをいただいています!一部をご紹介です。

(みなさんお写真撮るのお上手ですね…)

(盛り上がりにつきなんと二次会も…)

次回予告!第4回は2月に!cotreeさんのオフィスにて!

実はすでに第4回目の開催が決まっています。
チケットも絶賛発売中です!
次回は再びcotreeさんのオフィスをお借りして開催いたします。

日時は2020年2月28日(金)19:00~21:00です!
これまでご参加いただいた方も、はじめてご参加される方も、皆さまお待ちしております!
お申し込み & 詳細は以下からどうぞ!

これまでを思い返してみて

開催後は、Twitterで素敵な感想をつぶやいてくださったり、その後もご連絡のやりとりがあったりと、スタッフもとても嬉しく感じています。

感謝のお言葉をいただくことも増えました。でも実際には、私たちの方こそ本当に嬉しく感謝ですと思うばかりです。

そして一緒に開催してくださるcotreeさん。cotreeさん無しには「こころ・ラボ」は成り立ちません。心から感謝しています

今後も引き続き、ゆるい雰囲気を大切にしながら、心理にかかわる方々の何らかのお力になれますよう!
それでは次回、お会いできることを楽しみにしています!

“For the Hearts.”
金子書房

応援ありがとうございます。ぜひフォローもお待ちしています。
14
「こころの健康」のための情報発信や、心理検査を開発・販売しています。 そのほか、中の人が色々書いたりします😊

こちらでもピックアップされています

こころ・ラボ
こころ・ラボ
  • 5本

「こころ・ラボ」って、どんな雰囲気なの?何をやっているの? 開催レポートをご紹介します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。