「こころ」のための専門メディア 金子書房

「こころの健康」のための情報発信や、心理検査を開発・販売しています。 そのほか、中の人…

「こころ」のための専門メディア 金子書房

「こころの健康」のための情報発信や、心理検査を開発・販売しています。 そのほか、中の人が色々書いたりします😊

マガジン

  • 転機の心理学

    年度末を迎え、また新たな出発となる四月となるにあたって、転機というテーマに関連した、私たちの心について、さまざまな人にお書きいただきました。

  • 作文で変わる不登校の子どもたち~書くことで自己と対話する

    多くの不登校の子を支援してきた林先生は、子どもが作文を書くことで自分の心を見つめ、整理をつけ、不登校状態の解消につなげていく方法を考え出してきました。林先生が作文に注目するようになったきっかけ、具体的な指導方法など、林先生の作文での支援について書いていただきます。

  • 再現性危機の社会心理学

    今日の心理学は、過去の研究知見が再現されないという問題(再現性の危機)に直面しています。人間の行動を説明・予測する普遍的な命題を定立することを目的とする心理学が積み上げてきた研究成果は、砂上の楼閣に過ぎないのでしょうか。こうした問題に応えようと、心理学者たちは、過去の知見の再現可能性を確認する研究に取り組んでいます。本連載では、再現可能性をめぐる社会心理学の最新の知見を、三船恒裕先生にご解説いただきます。

  • 連載 「わだかまり」と「とらわれ」~過去を振り払う

    心の中にいつまでも輝く宝石のような思い出ばかりがあれば、それは素晴らしいことでしょう。しかし、実際には後悔や嫌な思い出、つらい記憶、どうしても消せない恨みなどが心を占め、離れない思いに苦しむ人は、とても多いのではないかと思われます。そのような思いへの対処法について、精神科医の春日先生に様々な事例を通して、お書きいただく新連載がスタートします。

  • 心理統計を探検する

    心理統計をめぐる新たな展開を紹介する。基本となりつつあるやや高度な分析手法・モデルのおさらい,議論を引き起こしてきたテーマの解説,慣習となっている実践の批判,哲学的観点からの心理測定の再考を取り扱う。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

【総合案内】金子書房noteのガイド

金子書房公式noteへようこそ。 訪れてくださり、ありがとうございます。 このガイドでは、私たちのnoteをご案内します。 これらを知っていただくことができます。簡潔なご案内ですが、ぜひご参考になさってください。 noteを通じて、読者の皆さまへ有益な情報をお届けし、皆さまと交流ができ、そして願わくば私たち金子書房のことも知っていただけたら嬉しいです。 はじめに▼ 私たち金子書房の自己紹介です。どんな会社でなにをしているのか、そしてなにを大切にしているのかをまとめてい

    • 能力主義は「良いこと」もしたのか(組織開発コンサルタント:勅使川原真衣)

      『「能力」の生きづらさをほぐす』はどのようにして生まれたか――まずは『「能力」の生きづらさをほぐす』をご執筆された経緯についてお聞かせください。 ありがとうございます。皆さんもそうだと思いますが、小さいときから私という人間の「評価」をいろいろと受けてきますよね。「人となり」や「能力」などと一見するともっともらしく語られるものの、それって能力の「評価」なんていう大そうなものではなく、案外、「受け」の良さみたいなものじゃないか?と思うような経験がしばしばありました。つまり、人

      • カミングアウトと転機(文化人類学者:砂川秀樹) #転機の心理学

        転機との二つの結びつき 同性が好きなこと、同性パートナーがいること、異性も同性も好きであること、あるいは、生まれたときに割り当てられた性別と異なる性自認をもっていること、そうしたマイノリティ性のあるSOGI(性的指向、性自認)に関連することを誰かに伝える動機、きっかけは実に様々だ。  しかし、LGBTQ*にとって、そうしたカミングアウトが重要な意味を持つことは間違いない。自分のSOGIをオープンにしたり、身近な人に話したりするLGBTQはずいぶん増えた。私が、1990年頃、

        • 連載:作文で変わる不登校の子どもたち~書くことで自己と対話する【第6回】不登校だった先輩から後輩へのメッセージ(スクールカウンセラー:林千恵子)

           教育支援センター(適応指導教室)を巣立つ前の3月に、中学3年生に最後に書いてもらう作文があります。不登校の後輩へのメッセージです。 「自分も通い始めた頃は、この先どうしていいか分からなくてつらかった。」「(後輩は)自分の人生は終わったと思ってるんだろうな。」「少しでも後輩の役に立つならば。」と、どの子も二つ返事で引き受けてくれます。自分の歩んできた道のりを振り返っているような表情です。 紙に書いても、パソコンやスマホを使っても、絵を描いてもOKです。それぞれが自分の思いを

        • 固定された記事

        【総合案内】金子書房noteのガイド

        マガジン

        • 転機の心理学
          6本
        • 作文で変わる不登校の子どもたち~書くことで自己と対話する
          6本
        • 再現性危機の社会心理学
          5本
        • 連載 「わだかまり」と「とらわれ」~過去を振り払う
          4本
        • 心理統計を探検する
          7本
        • 自閉スペクトラムについて知ろう!
          9本

        記事

          個人と世界の転換期(東京大学・国際日本文化研究センター名誉教授:末木文美士) #転機の心理学

          個人の転換期――四住期の捉えなおし 2020年3月、ちょうどコロナで緊急事態宣言が発せられる直前に京都から東京に引っ越した。京都に11年住み、そのまま終の棲家にしたいという思いは強かったが、老齢の身には気候が厳しく、結局東京に舞い戻ることになった。  それから約3年間、コロナで禁足状態が続いた。退職した身で、授業や会議の義務はなかったので、その点では影響は小さかった。研究会や学会がすべてオンラインになったのは、物珍しさもあったし、もともと閉鎖的で、人付き合いが嫌いなので、か

          個人と世界の転換期(東京大学・国際日本文化研究センター名誉教授:末木文美士) #転機の心理学

          大災害という望まぬ転機に(東北大学大学院教育学研究科教授:若島孔文) #転機の心理学

           転機、変動、変化。私たちは現在が苦痛であっても、現状を変えた未来を望まない傾向にある。それはなぜか。現在は苦痛を伴うものであったとしても想定内であり予測可能である。一方で、変化後は未知数であるからだ。私たちは苦痛も望まないが、それ以上とも言える望まないことが未知数の世界である。大災害は苦痛と同時に未知数の世界を私たちに突き付けてくる。私たちが望まない世界がそこにある。  ウィーンの精神科医ヴィクトール・エミール・フランクルはナチスの強制収容所から最終的にはアウシュビッツに

          大災害という望まぬ転機に(東北大学大学院教育学研究科教授:若島孔文) #転機の心理学

          第5回 ミルグラム服従実験(高知工科大学 経済・マネジメント学群 教授:三船恒裕)連載:#再現性危機の社会心理学

          第二次世界大戦と社会心理学 戦争。人々が仲間と手を組み、敵対する集団の人たちに対して攻撃する。国家、宗教、人種、民族、集落、部族など、様々な集団の間で、また、人類の歴史上のかなり古くから、戦争という現象が観察されてきた。  なぜ戦争は生じるのか。これはとてつもなく大きな問いであり、その答えは様々であり、もちろん、まだ解き明かされていない部分もたくさんある。人々が他者と関わりあう中で働く心の仕組みを解き明かそうとする社会心理学では、特に初期の頃の研究は、第二次世界大戦の影響

          第5回 ミルグラム服従実験(高知工科大学 経済・マネジメント学群 教授:三船恒裕)連載:#再現性危機の社会心理学

          発達障害の当事者としての転機〜あるいは休職のすヽめ〜(京都府立大学文学部准教授:横道誠) #転機の心理学

           2019年3月、不眠障害がきわまり、鬱状態が深まっていた私は、大学を休職することに決めた。以前から「もしや」と疑っていた発達障害の検査を受け、休職を始めた4月に発達障害の確定診断を受けた。  勤め先の同僚たちにも、休職をした経験のある教員は何人かいたものの、じぶん自身がそのようなことになると想像したことは、過去に一度もなかった。休職期間が始まってみると、時間があまりにゆっくりと進むのに驚いた。それまでの私は毎日欠かさず大学に通っていた。コロナ禍が始まるよりも前のことだ。土

          発達障害の当事者としての転機〜あるいは休職のすヽめ〜(京都府立大学文学部准教授:横道誠) #転機の心理学

          連載「わだかまり」と「とらわれ」――過去を振り払う(精神科医:春日武彦) 第4回:執着と優先順位

          死ぬのが怖い 昨年、恐怖をテーマにした本を書きました。その中では「死ぬのが怖い」とそれこそノイローゼ状態になっている人たちについても言及しました。  自分がいずれ死ぬと思うともうそれに圧倒されて何も手につかない。気分を変えようとか、何か楽しいことや面白いことで気をまぎらわせようとしても、全然上手くいかない。世の中の人たちが、死を気にせずに日々を営んでいるのが信じられない。もはや自分が変なのか、それとも世間の大多数のほうが変なのか、それすら分からなくなってくる。と、そのように

          連載「わだかまり」と「とらわれ」――過去を振り払う(精神科医:春日武彦) 第4回:執着と優先順位

          ベイズ統計学を利用した仮説の評価(大阪公立大学大学院現代システム科学研究科准教授:武藤拓之)#心理統計を探検する

          1. ベイズで仮説を評価したい! 「心」というつかみどころのない対象をどうにかして科学的に探究しようとしてきた心理学は,自然科学よろしく,仮説検証のスタイルを採用することで大きく発展してきました。実際,心理学の論文のほとんどは,はじめに理論的な仮説を立てて,次にその仮説から導かれる予測が実際に得られたデータと整合的かどうかを統計的に判断して仮説を評価するという,いわゆる仮説演繹法を採用しているように見えます[1]。  近年は,伝統的な頻度主義統計学だけでなく,ベイズ統計学

          ベイズ統計学を利用した仮説の評価(大阪公立大学大学院現代システム科学研究科准教授:武藤拓之)#心理統計を探検する

          未来を切り拓く:転機への適応とキャリア形成の秘訣(ユースキャリア研究所代表:高橋浩) #転機の心理学

          何度も訪れる転換期 キャリア心理学における「転機」には、いくつかの考え方がありますが、ここでは人生の節目となるキャリアの転換期(transition)に焦点を当てたいと思います。転換期とは、ある発達段階から次の発達段階への移行を指します。例えば、キャリア心理学者のスーパーは、キャリアの発達段階を成長期・探索期・確立期・維持期・解放期の5段階に分けていますが、これらの各期の節目が転換期となります。この5段階の概念は、人々が社会システムに沿って生活していることに基づいています。『

          未来を切り拓く:転機への適応とキャリア形成の秘訣(ユースキャリア研究所代表:高橋浩) #転機の心理学

          旅をした詩集(著述家・編集者・写真家:山本高樹) #流離人のノート 第8回

           どこかへ旅に出る時は、必ず、一冊か二冊、本を持って行く。やっぱり、紙の本がいい。とはいえ、荷物はなるべく軽くまとめたいので、選ぶのはたいてい文庫本か、四六判くらいまでの本になる。  最初の海外渡航となった、中国からロシア、ヨーロッパを巡った時の四カ月間の旅では、以前別の文章にも書いたが、ロバート・キャパの『ちょっとピンぼけ』を持って行った。報道写真家の先駆けであった彼が、第二次世界大戦下のヨーロッパの戦地を旅して回った時の体験を綴ったこの本は、ユーレイルユースパスを利用して

          旅をした詩集(著述家・編集者・写真家:山本高樹) #流離人のノート 第8回

          心の数量化と公理的測定論(関西学院大学社会学部教授:清水裕士)#心理統計を探検する

          心を数量化する 心理学では、「心を測る」ということを行います。とはいえ、心はそもそも直接観測することはできませんが、それを測ることはいかにして可能なのでしょうか。数理心理学ではその問題を公理的測定論という研究成果によって答えようとしました。本記事では、心理学で心を測るという問題について、公理的測定論という観点から解説します。また、心理学者が知っているようであまり知らない、尺度水準の数学的な意味についても解説します。 心の測定は可能なのか  心理測定の歴史は、心理学の歴史

          心の数量化と公理的測定論(関西学院大学社会学部教授:清水裕士)#心理統計を探検する

          転機が自己形成や人生に与える心理学的な仕組み(近畿大学教職教育部教授:杉浦健) #転機の心理学

          はじめに 誰しも人生を振り返ったとき、自分が大きく変わったきっかけや出来事、その出来事がなければ今の自分はなかっただろう、そんな転機の経験を大あれ小あれ思い出すことができるだろう。  簡単に言えばそれは過去に転機を経験したことで自分が成長したのだということなのだが、心理学的に考えると、事はそんなに単純ではなく、そこには転機が人の成長や発達をもたらす心理学的機序(心理学的な仕組み)、さらに言えば、私たちがどのように自分自身や自分の人生を形成していっているのか、非常に重要な心理

          転機が自己形成や人生に与える心理学的な仕組み(近畿大学教職教育部教授:杉浦健) #転機の心理学

          連載:作文で変わる不登校の子どもたち~書くことで自己と対話する【第5回】自己決定を促す作文(教育支援センター(適応指導教室)教育相談員・スクールカウンセラー:林千恵子)

           不登校支援を始めた当初、学校復帰について考えあぐねていました。当時は、学校復帰が大きな目標とされていたのですが、私が勤務する教育支援センター(適応指導教室)では、学校復帰する子がほとんどいないという現状がありました。    「学校に戻りなさいって言われて行けるくらいだったら、こんなに苦労してないよ。」そんなふうに話す子もいました。教育支援センター(適応指導教室)で力を付けて、自分のタイミングで学校復帰を考えればいいと思っていたのですが、不登校の状態をなんとなく継続してしまう

          連載:作文で変わる不登校の子どもたち~書くことで自己と対話する【第5回】自己決定を促す作文(教育支援センター(適応指導教室)教育相談員・スクールカウンセラー:林千恵子)

          精神障害診断におけるカテゴリ診断とその限界―診断横断的枠組みに基づく多次元アプローチ(大阪大学大学院人間科学研究科招へい研究員、株式会社国際電気通信基礎技術研究所研究技術員:岡大樹)

           現代社会の問題となっている心の病は「うつ病」「強迫性障害」などと精神科医によって特定の精神障害として「診断」されます。その診断に基づいて、薬の処方や障害者手帳の交付が行われます。では、精神障害の診断とはどのように行われているのでしょうか? ある病院に精神的健康上の問題を抱えた2人の患者がいます。Aさんはうつ病、Bさんは社交不安障害と診断されました。しかし、2人とも常に何かを不安に感じており、夜眠れないといった共通症状を訴えています。この場合、この二人の病気を明確に区別しよ

          精神障害診断におけるカテゴリ診断とその限界―診断横断的枠組みに基づく多次元アプローチ(大阪大学大学院人間科学研究科招へい研究員、株式会社国際電気通信基礎技術研究所研究技術員:岡大樹)