マガジンのカバー画像

紹介noteメモ

45
弊社の書籍やnote記事などをご紹介くださっているnoteをまとめました。 まだ入っていないnoteがありましたらぜひご連絡ください。
運営しているクリエイター

記事一覧

九州大学システム情報科学府の合格体験記(完全攻略ガイド)[令和6年度入試]

バカでも対策すれば合格できる結論から申しますと,令和6年度の九州大学システム情報科学府の…

Abico
9か月前
14

【工学部】編入体験記 -06

1.基本情報合格先 令和5年度 / 工学部第一類輸送システムプログラム 編入前のステータス […

【雑考】意味世界の共有について

組織は、認識、意思決定、それに行為の三つの活動のサイクルを繰り返している。 共有された意…

trafalgar
10か月前
29

「出会い直し」してみませんか 第83回e-cala cafe

問題行動を起こす子 授業に集中できない子 手のかかる子 教師は、そういう子と出会うと、その…

村山 豪
9か月前
9

vol.2『Life(Re)View』について

 やぎ座のA型、八木詠子です🐐  演劇企画平成.EXE vol.2『Life(Re)View』にご来場頂いたみ…

八木詠子
10か月前
9

『発達障害の「診断」と「脳」について医師、脳科学者、心理士が語りつくす夜』のメモ

「発達障害は脳画像で診断可能か?」というテーマの大変面白く勉強になったスペースの簡単な文…

izumi
1年前
11

「私はなぜ私なのか」「なぜ他の時代ではなく、今この時代に生まれたのか」という問い-自我体験について-

はじめに 「私はなぜ私なのか」「なぜ他の時代ではなく、今この時代に生まれたのか」というようなことを考えたことはあるでしょうか。 このような考え(体験)は自我体験(I-am-me experience/ego experience)と心理学で名付けられ、研究がなされてきました。 このような考えを持ったことがある人はある程度いると思われる一方で、心理学の教科書や辞典にはまず書かれておらず、インターネットなどで言及されていることがあまりないように感じたので自我体験について今回no

「情報がない、わからない私は貢献できない」じゃないよ。

先日、「チームのコミュニケーションについて学びたい」というリクエストをいただき、コミュニ…

最近読んだASD関係の本

 先日、心療内科でASDの診断を受けた。 飲み会に誘われるとお腹が痛くなるなぁ。社交不安障害…

5

療育にまつわる「からだ」へのまなざし vol.40

先月のバオバヴカフェは、引き続き「感情の社会化」について。こういっては、もともこもないの…

待合室の音環境のはなし

私には感覚過敏があるのですが、特に聴覚の過敏さで日々の疲労度が高いです。 ニューロマイノ…

3

みえているようで、みえていないかもよ 対話型鑑賞が教員の観察力涵養にもたらす可能…

方法論だけ、の限界 あるクラスでうまくいったワークが、別のクラスでは機能しなかった。そん…

松永和也
1年前
42

【聴講メモ】 #教えて井手先生 vol.2 自閉スペクトラム症の感覚世界

講演名: #教えて井手先生 vol.2 自閉スペクトラム症の感覚世界 講師:井出正和先生 主催:…

西澤 博
1年前
4

技術指導におけるエコロジカルダイナミクス

どっかで話すことになる内容のアイデアとそのメモ書き兼まとめ。 内容の統一性はあんまり無いです。エッセイみたいな感じで読んだ方が良いかも。シランケド イントロ「庭師」としての指導者 ※邦訳版あり これはアメリカの軍人であるStanley Mcrystalのリーダーシップ論に関する言葉だが、しばしばスポーツ指導者に対する警句としても用いられる。 これと同様の指摘をトレーニング指導者であるFrans Boschもしている点はとても興味深い。 Boschによるこの指摘は、競