マガジンのカバー画像

連載 「わだかまり」と「とらわれ」~過去を振り払う

7
心の中にいつまでも輝く宝石のような思い出ばかりがあれば、それは素晴らしいことでしょう。しかし、実際には後悔や嫌な思い出、つらい記憶、どうしても消せない恨みなどが心を占め、離れない…
運営しているクリエイター

記事一覧

連載「わだかまり」と「とらわれ」――過去を振り払う(精神科医:春日武彦) 第7回…

ホラーな言葉 恐怖に関する本を書いたせいなのか、最近ではホラーに関連したインタビューを受…

連載「わだかまり」と「とらわれ」――過去を振り払う(精神科医:春日武彦) 第6回…

悔しい気持 いわゆる異世界ものと呼ばれる物語(アニメやゲームやラノベ)には、わたしたちが…

連載「わだかまり」と「とらわれ」――過去を振り払う(精神科医:春日武彦) 第5回…

ピンポイントで忘れる 催眠術は、どれくらい効き目があるものなのでしょうか。暗示によって深…

連載「わだかまり」と「とらわれ」――過去を振り払う(精神科医:春日武彦) 第4回…

死ぬのが怖い 昨年、恐怖をテーマにした本を書きました。その中では「死ぬのが怖い」とそれこ…

連載「わだかまり」と「とらわれ」――過去を振り払う(精神科医:春日武彦) 第3回…

根深い恨み いつまでも延々と過去の恨みを引きずっているのは、どこか精神的に未成熟であった…

連載「わだかまり」と「とらわれ」――過去を振り払う(精神科医:春日武彦) 第2回…

魔法の数字 かなり前のことですが、外来で摂食障害の若い女性(B子としておきましょう)をフ…

連載「わだかまり」と「とらわれ」――過去を振り払う(精神科医:春日武彦) 第1回「罪悪感のこと」 

心のわだかまり わたしたちは心の中にさまざまな「わだかまり」を抱えて生きています。そんなものは、できれば胸の内から追い出したい。解消可能ならばそうしたい。せめて無視をして日々を過ごしたい。でもそれは容易ではない。  成功者とか勝ち組などと称される人たちでも、「わだかまり」とは無縁ではありません。恨みや悔しさ、恥、無力感、孤独感、世の中そのものに対する違和感などは、むしろ彼らのほうが強いかもしれない。そういったものを発条(ばね)として、自身を鼓舞し頑張ってきた人たちも結構多い