マガジンのカバー画像

特集 葛藤するということ

16
将来への迷いから日常の些末な選択まで、私たちは誰しも、葛藤とは無縁ではいられません。折り合いをつけたり、見切り発車したり、選択を先送りにしたりすることで、やりすごすこともあるでし… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

葛藤は共通財産、修復しながら生きる:修復的対話(埼玉県立大学 保健医療福祉学部 社…

(1) 生きることとは、対話すること 人生というのは、葛藤に満ちたプロセスです。なにごとも…

思春期の子どもに葛藤する親たちへ(道玄坂ふじたクリニック 心理療法士:岡嶋美代)#…

多様性かわがままか 東欧の国のように、戦禍にあえぎ命の危険にさらされている状況下では、ど…

失恋の葛藤にたいして意味はない(東京未来大学モチベーション行動科学部特任講師:仲…

 忘れたいのに忘れられない。ダメだとわかっているのに、ついSNSを覗いてしまう。あのとき自…

自分の間違いを認められない葛藤をどうするのか(豊岡短期大学教授:鈴木由美) #葛藤…

葛藤って何 皆さんは日々迷いや悩みがあると思います。葛藤する場面はどんな時でしょうか。葛…

過労死,過労自殺をなくすために~今日いかに仕事を切り上げて帰るかという葛藤に対処…

 皆さんは過労死とか過労自殺といった言葉を聞いたことがありますか?過労死は日本がいわゆる…

性的マイノリティが抱える葛藤に向き合う(埼玉学園大学特任講師:佐藤洋輔) #葛藤…

性的マイノリティに対する理解と現状 「性的マイノリティとは?」という質問に対して、全く想…

葛藤を生きる人を支えること、葛藤しない人から学ぶこと〜生殖・不妊心理臨床からの雑感(東京リプロダクティブカウンセリングセンター:平山史朗) #葛藤するということ

不妊を経験することの葛藤 不妊というのは、子どもを望んでいるけれども思ったように得られない状態のことですが、不妊という経験はさまざまな葛藤を引き起こします。「欲しいのにできない」という不妊そのものが葛藤状況ですし、子どもを得るために努力するのかしないのか、不妊治療という医療の手を借りるのか、どのような治療をどのくらいの期間受けるのか、などなど。これらの葛藤は不妊になって初めて経験する葛藤です。なぜなら、多くの人にとって子どもは自然に「できる」ものだからです。「妊娠しないように

発達障害のある女性たちの葛藤(お茶の水女子大学生活科学部心理学科助教:砂川芽吹)…

気づかれにくい女性の発達障害 近年,発達障害のある女の子や女性が,少しずつ気づかれるよう…

依存症の葛藤を語る~たかりこチャンネル紙上対談~(たかりこチャンネル:田中紀子、…

りこ(田中紀子、以下「りこ」):さて高知さん。今回は金子書房さんから「葛藤するということ…

ASDの女の子の親が『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』を見て思うこと(文筆家・翻訳家:堀…

※本記事内にはドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』物語の内容(ネタバレ)が一部含まれていま…

子どもの友だちとの、そして社会や世界との葛藤(東京学芸大学教授:松尾直博)#葛藤…

2種類の葛藤  「葛藤」の語源は、葛(かずら)や藤(ふじ)の蔦(つた)がもつれたり、絡まっ…

子どもの発達における葛藤の役割(AFL発達支援研究所代表・東北大学名誉教授:本郷一…

 人は発達していく中でさまざまな葛藤に出会う。葛藤には個人と個人の間で起こる葛藤と個人の…

人間の暴力性~集団間葛藤の解決に向けて(東北大学名誉教授:大渕憲一)#葛藤すると…

 2022年2月にロシアの軍事侵攻に始まったウクライナ戦争は、世界中に大きな不安と恐怖を与え…

「ワンペン、ワンチョコレート」について思うこと(著述家・編集者・写真家:山本高樹)#葛藤するということ

 十数年前から、インド北部のチベット文化圏、ラダックでの取材に取り組んでいる。  パキスタンや中国との未確定の国境に接するこの土地は、ヒマラヤ山脈の西外れに位置していて、平均標高は3500メートルにも達する。一年を通じて雨は非常に少なく、人々はわずかな雪解け水を利用して麦や根菜を栽培しながら、家畜たちとともに、つましい生活を送っている。  ラダック全域の人口は、30万人足らず。中心地であるレーの街には5万人ほどの住民が集まっているが、それ以外の人々は、各地に点在する村々で