マガジンのカバー画像

特集 孤独の理解

12
近年、孤独に悩む人たちがクローズアップされてきました。 オンラインで人とつながりやすくなった今の状況下で、何が起きているのでしょうか。 多くの人が集まることが推奨されない現状も影… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

我々を取り巻く孤独と「友だち」(大阪成蹊大学教授:米田薫) #孤独の理解

身近だった孤独 一人っ子の私は、一人で過ごすことの多い子どもでした。よく、団地の4階の窓…

読み書き苦手な子が抱える孤独(一般社団法人読み書き配慮代表理事:菊田史子) #孤…

読み書き苦手な息子のこと 息子は、物事の理解はできるのに、読み・書きがからっきし苦手でし…

自閉スペクトラム症(ASD)と孤独(相模女子大学教授:日戸由刈) #孤独の理解

自閉症の人たちは孤独に強い? 自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder;ASD)の中で…

高齢社会における孤独に向き合う(渡辺医院院長:渡辺俊之) #孤独の理解

 不眠症で私の外来に通っていた70代女性がいました。息子を半年前に腎不全で亡くし一人暮らし…

不登校と孤独(適応指導教室教育相談員・スクールカウンセラー:林千恵子) #孤独の…

不登校と孤独 「不登校と孤独」というテーマをいただいた時に、なんとなく違和感を覚えました…

孤独と読書(学習院大学文学部教授:秋田喜代美) #孤独の理解

コロナ禍での孤立と読書 「孤独」という言葉は、色に例えるとどのような色合いでしょうか。ブ…

孤独と自殺~SOSが出せない社会~(元防衛医科大学校 精神看護学教授/一般社団法人髙橋聡美研究室 代表理事:髙橋聡美) #孤独の理解

折れない心を作る教育の弊害 レジリエンスという言葉が、「強靭な心」というように訳され、折れない心を育てるレジリンエス教育をよく見聞きするようになりました。レジリエンスという言葉はもともと困難から回復していく力を指し、心折れても、失敗してもそこから立ち上げっていく力のことです。失敗のない人生はないし、基本的に、人の心はくじけたり折れたりするものだと思うのです。  レジリエンス教育が折れない心を作るというように勘違いして伝った結果、「折れる心はダメなんだ」「自分は弱い人間だ。も

スキ
14

形のないおくりもの 森の動物たちに学ぶ老いと孤独(渡辺カウンセリングルーム 臨床…

「どうして普通に生きていけるんだろう?」 「大切な人と別れた後、みんなどうして普通に生き…

クラスで“ぼっち”に悩んでいるあなたへ(三重大学教育学部教授:瀬戸美奈子) #孤…

 あなたは今、教室でどのように過ごしていますか。不安で心がぎゅっとするような、落ちつかな…

職場における孤立と孤独:COVID-19が変えたもの,変えなかったもの(筑波大学人間系心…

COVID-19の感染拡大がもたらした働き方の変化 数年前までの日本では,皆が会社に出社して顔を…

アラスカの無人島で過ごした四日間(著述家・編集者・写真家:山本高樹) #孤独の理…

 アラスカの自然や野生動物を生涯を通じて撮影し続けた写真家、星野道夫さんは、自身の著作『…

孤独と迷惑(金城学院大学人間科学部教授:北折充隆) #孤独の理解

 人間がもしも、ネコのように単独行動をとる種であったならば、地球上でここまで繁栄すること…